オール電化と太陽光発電の相性について

オール電化と太陽光発電は相性がいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化と太陽光発電は、名コンビといえるほど、相性のいい組み合わせです。それは、なぜか?オール電化の弱点といわれる部分を、太陽光発電システムを利用することで、うまくカバーできるからです。

オール電化の弱点とは?


オール電化の弱点は、オール電化向けの電気プランを利用した場合、日中の電気料金が通常よりも高くなってしまうことです。

エネルギー源を電力に一本化することによって、ガスの基本料金(使っても使わなくても請求されるお金)分を節約できます。夜間や深夜等の時間帯の電気料金が、大幅に安くなるオール電化向けのプランを賢く利用すれば、光熱費をぐんと抑えることができるのが、オール電化の魅力のひとつです。

しかし、昼間の時間帯に、電気を多く使ってしまった場合は、オール電化のせっかくの魅力が生かせなくなる場合もあります。そこで太陽光発電の出番です。太陽光発電システムと併用すれば、日中の電力を太陽光発電でまかなうことができ、オール電化の魅力を最大限に生かすことが可能になる。というわけです。では、この太陽光発電について、改めておさらいしてみることにしましょう。

スポンサーリンク


太陽光発電システムについて


太陽光発電は、その名が示す通り、日中、太陽が降り注いでいる時に、その光のエネルギーを電気に変換し、その電気を使うことができる、すなわち電気の自給自足ができるシステムです。お日様が顔を出し、日の光が降り注いでいる間は、太陽光発電により、家の中の電化製品を動かすことができます。

日中に使用する電気を、太陽光による自家発電でまかなうことができれば、当然、その間の電気料金は発生しません。太陽光発電システムを利用すれば、日中の電話料金が割高になる、オール電化向け向けの割り引きプランの弱点を見事にカバーできる。というわけです。

昼間ほどんと電気を使わない場合は?


オール電化と太陽光発電システムの組み合わせは、日中に比較的電気を多く使う場合だけに効力を発揮するわけではありません。日中は、家族が全員出払っていて、冷蔵庫以外、昼間は電気をほとんど使わない場合は、太陽光発電システムは、ほとんど意味がないのでは?そう思ってしまうかもしれませんね。

しかし、それは違います昼間ほどんで電気を使わない場合も、太陽光発電の余剰電力買取制度により、太陽光発電で余った電気は、売電できます。つまり、自家発電により余った電気は、電力会社に買い取ってもらうことができるのです。

災害時に心強い


オール電化と太陽光発電の併用は、停電してしまったときも、昼間は太陽光発電システムの自家発電により、問題なく電気を使用できます。テレビも観ることができますし、IHクッキングヒーターで料理もできますし、携帯電話の充電も可能です。

ちなみにエコキュートは、非常用の生活用水にもなります。特に災害時に、日中、問題なく電気が使えるというのは、何にも増してありがたいことに思えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加