オール電化とオールガスの比較について

オール電化とオールガスはどっちがお得?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化とオールガスはどっちがお得かについては、単純には考えますと、ガスの基本料金が発生しない分、オール電化のほうがお得といえるかもしれません。しかし、厳密に考えますと、やはりそこはケースバイケースで、必ずしもどっちがお得とは言い切れない。ということになります。

オールガスでも電気代は発生する


ちなみにオールガスとは、家庭内の空調(暖房)と調理と給湯の設備機器をすべてガスを使って稼働させることです。ただ、オールガスにした場合は、電気をまったく使わないわけにはいきません。ですから、オールガスにして、電気の使用料を大幅に抑えることができたとしても、電気の基本料金は支払う必要が出てきます。

オールガスにしても冷房はできないので、夏場もうちわで仰いで乗り切れるのなら話は別ですが、エアコンや扇風機などの電化製品を使用する場合は、その分の電気料金は当然発生します。

これに対し、オール電化にした場合は、ガスをまったく使わなくても大丈夫になりますので、ガス会社との契約を破棄することができ、ガスの基本料金を支払う必要がなくなります。しかし、オール電化でいくらガスの基本料金分お得になったとしても、生活スタイル(電気の使い方)や家族構成によっては、オールガスがお得になる場合も起こり得ます。

スポンサーリンク



どちらもメリット、デメリットがある


オール電化もオールガスも、それぞれ優れた点(メリット)とそうでない点(デメリット)があります。もし、どちらを選ぼうか迷ってしまうようなことになった場合、こっちが安くなるから、こっちが高くなるからと、単純に経済面のよしあしだけで決めてしまうのは早計すぎるかもしれません。

家族構成や生活スタイルとも照らし合わせることも大切ですし、経済面以外の、それぞれの優れた点とそうでない点をしっかりと見極めてからどちらを選ぶべきか、総合的に判断されると、まず失敗がないといえるでしょう。

経済面はどっちがお得?


オール電化向けの電気料金プランを利用して、電気料金が大幅に安くなる時間帯に集中して電気を使って、割高になる昼間の電気使用量を極力抑えることができれば、オールガスに比べて、オール電化のほうが圧倒的にお得になります。

ただし、家族構成や生活スタイルによって、日中の電気の使用量がどうしても増えてしまうようなご家庭は、オールガスの方がお得になる場合も出てくると考えられます。また、寒冷地にお住まいの場合は、火力の強いガスを用いたほうが使い勝手もよく、オール電化の床暖房システムを利用されるのに比べ、お得であるといえそうです。

安全面は?


火を全く使わないオール電化に軍配が上がります。お得というのとは多少ニュアンスは異なりますが、火事(ガス漏れによる引火など)のリスク、火傷などのリスクを大幅に減らせることができるのは、オール電化の優れた点といえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加