オール電化の停電対策について

オール電化の停電対策とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化の場合、設備機器をすべて電気で動かしているわけですから、「停電してしまうと、もうお手上げで、何もできない」そう思ってしまう人も多いことでしょう。しかし、オール電化も、万が一停電してしまったときに備えて、事前にいくつか対策を打っておくことは十分に可能です。では、これから、オール電化の停電対策について、さらに詳しく見ていきましょう。

停電時でも使用できる暖房器具・調理器具・証明器具を用意しておく


いざというときに備えて、電気が使えなくても、使用できる暖房器具(石油ストーブ)や調理器具(カセットコンロ)、ランプ、ろうそく、電池などを、備蓄品として普段かストックしておくことで、停電時も急場をしのぐことができます。

家庭用蓄電池を用意しておく


停電の際には、電力を家庭用蓄電池でまかなうことができます。 家庭用蓄電池とは、その名の示す通り、家庭で電気を蓄えることができる機器です。電気を使用して、なくなってしまったら、また充電して電気を蓄えておくことができます。

スポンサーリンク


携帯電話の充電器や、自動車のバッテリーのようなものですね。この家庭用充電池に蓄えておいた電気を、停電時に使うことができます。充電池の容量は電気の使用量にもよりますが、通常、数時間は問題なく電気が使用できます。

もちろん、家庭用蓄電池は、停電時だけしか出番がないというわけではなく、オール電化向けの電力プランを利用している場合、電気料金が安くなる夜間に、蓄電池に電気を蓄えておいて、昼間はその家庭用蓄電池の電気を使用すれば、光熱費を節約することもできます。

ただ、家庭用蓄電池を用意するのには、初期費用がかなり高額(数十万円)になってしまいます。また、蓄電池には寿命があり、永遠にくり返し充電できるわけではありません。

太陽光発電システムを導入する


太陽光発電システムを導入し、オール電化と併用するという方法もあります。そうすれば自家発電により、停電時も、自立運転機能に切り替えることによって、太陽の光が利用できる日中は、問題なく電気を使用することができます。家庭用蓄電池と併用すれば、さらに心強いです。

災害時にはオール電化が一番強い?


このようにオール電化の場合も、停電時に備えて何らかの対策を取っておけば、復旧するまでの間、しのぐことができます。災害時を除けば、停電しても通常、電気は数時間で復旧できます。その災害時ですが、災害時は、電気だけでなく、ガスも、水道も使えなくなることがあります。

もし、そうなった場合、電気が、ガスや水道に比べて、復旧速度がダントツに速いことを考えれば、オール電化は、災害時には、心強いシステムといえるかもしれません。

また、オール電化のエコキュートは、停電すればすぐに使えなくなるというわけではなく、停電になっても、タンクにお湯がある場合は、しばらくの間、シャワーや蛇口からお湯は使用できます。また、このタンクの水を災害時の生活用水として使用することもできます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加