オール電化での料理について

オール電化は料理がしにくい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化のIHクッキングヒータは、ガスコンロで調理するのに比べて、「料理がしにくい」と感じる方は、決して少ないようです。では、なぜ?IHクッキングヒーターは料理しにくいと感じてしまうのでしょうか?その理由について、これから順番に見ていきましょう。

IHクッキングヒーターは火加減の調節がしにくい?


IHクッキングヒーターは、金属製の鍋を置くと、磁力線(電磁波)の働きで、その鍋に接触している部分を加熱するシステムになっています。ガスコンロのように、火をまったく使わないために、火加減の調節は、ランプ表示を見ながら、ボタンで火力の強弱を調整する必要があります。

一気に火を弱めたいとき一気に火を強めたいときなどは、ガスコンロなら火を状態を見ながら調節できますが、IHは火がないために、感覚がつかみにくく、また、その都度その都度ランプ表示を確認しながらボタン操作を行う必要があるために、慣れるまではかなり面倒に感じるかもしれません。

また、接触していない部分は加熱されないために、鍋ふりなどをしても無意味ですし、火が出ないので、するめや海苔をあぶることができません。

IHクッキングヒーターは、土鍋が使えない


IHクッキングヒータは、通常の土鍋だけでなく、使えるフライパンや鍋も限られています。IHクッキングヒーター対応できる通常の土鍋や中華鍋などの底が丸くて厚いものは、磁力線(電磁波)が通らないため、加熱することができないのです。鍋もフライパンも、底が平たくなっているIHクッキングヒーターに対応できるタイプを使用する必要があります。

スポンサーリンク


IHクッキングヒータは、同時調理が難しくなる場合もある


IHクッキングヒーターは、使用可能な電気容量に制限があるために、3つのコンロを同時に強火で調理した際に、電気容量がオーバーした場合、警告音が鳴り、使用できなくなります。

IHクッキングヒーターは停電時には使えない


IHクッキングヒーターは、電力を使用して調理するために、停電時には使えなくなります。

しかし、こんなメリットも


上記のようにIHクッキングヒーターは、ガスコンロに比べると、料理がしにくい面がたくさんあるようです。しかし、IHクッキングヒーターには、ガスコンロに比べて優れていると思える点も決して少なくありません。

多少の料理のしにくさには、目をつむっても、IHクッキングヒーターを使い続けることができる、その理由とは?

何と言っても安全

IHクッキングヒーターは、火を使わないので、ガスコンロを使用する際に懸念される火災のリスクを大幅に減らすことができます。また、時間が来ると自動的にスイッチが切れるタイマーや過熱防止、空だき防止、切り忘れ防止など、IHクッキングヒーターには、安全機能が大変に充実しています。

手入れが簡単

IHクッキングヒーターは、平らな形状になっていますし、キズや汚れがつきにくい特殊コーティングされているので、使用後にふきんでさっと一拭きして、お掃除を終わらせることができます。さらに火を使わないので、火を燃やすことによる空気の拡散や上昇が起こらないために、油の飛び散りや換気扇の汚れを大幅に抑えることができます。

夏場の冬場も快適

IHクッキングヒーターは火を使わないため、調理中に周囲が熱くなりません。夏場に汗ダラダラで天ぷらを揚げなくてもいいですし、冬場は余分な水蒸気が出ないので、嫌な結露に悩まされる心配もありません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加