オール電化と地震などの防災対策について

オール電化は地震などの防災対策に有利?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化は、ガスと電気を併用している場合に比べると、防災対策として優れた面を発揮すると言えるでしょう。それはなぜか?やはり、災害時はガス(特に都市ガス)などに比べると、電気の復旧するスピードが圧倒的と言えるくらい早いからです。

ちなみに阪神大震災には、ガスや水道が完全に復旧するまで約3ヶ月近くかかったのに対して、電気は1週間で復旧しました。新潟中越沖地震の際は、復旧までに、水道が約k1ヶ月、ガス(都市ガス)が約1ヶ月半かかったのに対し、電気は、約2日間で復旧しています。東日本大震災でも、津波で壊滅的な被害を受けた地域を除き、電気はやはり1週間以内にほぼ完全復旧しています。

災害が起こった際に、一番困るのが、ガス、水道、電気などのライフラインがストップしてしまうことです。復旧に時間がかかればかかるほど、生活に不便を強いられ、心身共に疲れてしまいますよね。

特に冬場にライフラインがストップし、お湯が使えない、暖がとれない、という状況は、追い打ちをかけられるように、さらに過酷な状況といえるでしょう。しかし、オール電化の場合、電気の復旧と共に通常の生活を取り戻すことが十分に可能です。

スポンサーリンク


機種によっては、停電時も使用可能


また、オール電化のエコキュートは、機種によっては電気がストップしても、しばらくは使用できるものもあります。停電前に設定していた温度で、シャワーもでき、蛇口からお湯も使えます。(断水していた場合も、非常用にストックしていた水で使用可能)

エコキュートのタンクの水は非常用の生活用水として使用可能


エコキュートの機種の中には、タンク内の水を非常用水として使うことができるものも用意されています。そのようたタイプを使用していれば、万が一、災害に見舞われた際に、水道が復旧するまでの生活用水として、タンク内の水を使って、急場をしのげます。ただし、飲料には適しません、

太陽光発電を利用すれば、防災対策はさらに強力


太陽光発電とオール電化を併用した場合、電気の復旧を待っている間も、日中だけ、冷蔵庫、電気ポット、携帯電話の充電気など、おおかたの電気製品をを利用することができ、さらに心強いです。

備えあれば憂いなし


東日本大震災の後、国民の防災意識は、ますます高まりつつあります。地震大国と言われる日本において、今後も、いつどこでそのような災害に見舞われても、けして不思議ではない状況です。防災対策の一環として、防災時に優れた威力を発揮してくれるオール電化を検討してみる余地は、十分にあるといえそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加