オール電化用の電気料金プラン(電気契約)について

オール電化用の電気料金プラン(電気契約)とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化割引プランと呼べるような、オール電化のための電気料金プラン(電気契約)は、全国どこの電力会社にも用意されています。それぞれのプランの名称や、細かな料金設定は、各電力会社によって異なっています。

しかし、どの電力会社のプランにも、共通しているのは、早朝や深夜などの、ある決まった時間帯の電気料金が割引になる、ということです。そのかわり、日中の電気料金が若干割高に(基本料金設定のみが高くなる場合もあり)なるようです。

ですから、電気製品の使い方によって、電気料金は高くなったり、安くなったりと変動します。なお、オール電化用の電気料金プランは、契約にあたって条件があり、エコキュートやIHクッキングヒーターなど、自宅にオール電化用の機器が設置されていなければ、利用できません。

オール電化用の電気料金プランで電気料金を抑えるためには?


オール電化用の電気料金プランは、電気料金が割高になる日中の電気製品の使用を極力抑え、電気料金の安い時間帯に集中させて、エコキュートのお湯を沸かしたり、その他の電気製品を使うことによって、光熱費(電気代)を大幅に抑えることができます。

ただし、それぞれの電力会社によって、電気料金が割高になる時間帯や、割引率などは、異なっています。また、各電力社のオール電化用の電気料金プランは、各社ひとつずつというわけではなく、それぞれさらにいくつかのプランが用意されています。

では、ここで、主な電力会社の主なオール電化用の電気料金プランの中身について、ざっとご紹介しましょう。

スポンサーリンク


北海道電力


ドリーム8「時間帯別電灯」

夜間時間帯をA「22時〜翌朝6時」、B「23時〜翌朝7時」、C「24時〜翌朝8時」の時間帯にそれぞれ割引が適用。同3パターンから自由に選択可。

東北電力


やりくりナイト8

午後11時から翌7時までの夜間時間帯(8時間)が割引になります。

やりくりナイト10

午後10時から翌朝8時までの夜間時間帯(10時間)が割引になります。

やりくりナイトS

昼間時間帯の200kWhまでは基本料金で使用可。
午後10時から翌朝8時まで(10時間)が割引になります。

東京電力


電化上手(+全電化住宅割引)

2つの季節(夏期とそれ以外)と3つの時間帯(昼夜、朝晩、夜間)においてそれぞれ価格が設定されています

  • 夏期 7月1日から9月30日
  • それ以外 10月1日〜翌年の6月1日

さらに、 全電化住宅割引額 として、 (電力量料金) × 5パーセントの割引が適用されています。

  • 昼間時間 午前10時から午後5時まで
  • 朝晩時間 午前7時から午前10時までと午後5時から午後11時まで
  • 夜間時間 午後11時から翌朝の午前7時まで

関西電力


はぴeタイム

午後11時〜翌朝7時までのナイトタイムの電気料金が通常の約1/3

はぴeプラン

オール電化割引(熱源がすべて電気の家庭が対象)として上記からさらに10%引き

中部電力


Eライフプラン(3時間帯別電灯)

夜間割引に加え、朝晩・休日にも、割引され、IHクッキングヒーターを使う時間帯の電気料金が割安になるプラン。オール電化(すべての熱源を電気にしている家庭)にさらに5%割引制度が利用可。

中国電力


  • ファミリータイム[プランI]
  • ファミリータイム[プランU]

昼間:デイタイム,朝と夕方:ファミリータイム,夜間:ナイトタイム)に区分して料金設定されています。さらに電化住宅プランを利用すると10%割引になります。

九州電力


電化deナイト[季時別電灯]

夜間(22時〜翌朝8時)の料金が昼間の1/3になります。
昼間(10時〜17時)の料金が若干割高になりま。

北陸電力


季節別時間帯別電灯II(エルフナイト10プラス)

夏季(7月1日〜9月30日)とそれ以外の季節(10月1日〜翌6月30日)と昼間(午前10時〜午後5時)、朝夕時間(月曜日〜土曜日の午前8時〜午前10時と午後5時〜午後10時、日、祝日、年末年始などの午前8時〜午後10時)、夜間時間(午後10時〜翌の午前8時)の各時間帯に料金設定されています。朝夕時間と夜間に割引きされていて、昼間は若干高めです。

四国電力


エコノミeプラン

(電化Deナイト【季節別時間帯別電灯】とe割【全電化住宅割引】のセット契約)

沖縄電力


Eeらいふ

時間帯割引に加え、オール電気料金からさらに10%割引いてもらえます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加