オール電化の評価について

オール電化っていいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化がいいのか、そうでないかについては、多分に主観的な問題で、個人の価値観に左右されます。そのため、一概にはオール電化がいいとも悪いとも言えないのが本当のところです。

例えば、経済的なメリットを重視する場合なら、使い方によっでは大幅に光熱費を節約することが可能になるオール電化を、いいもの、導入する価値のあるものとおすすめすることができるでしょう。 また、料理(調理)を重視する場合なら、IHクッキングヒーターを使いづらく感じ、オール電化っていいよ!と、大々的には、おすすめできないかもしれません。

このように、何を持ってオール電化がいい、とするのか、悪いとするのか、もうそれは、はっきりいって個人の見解に委ねるしかないでしょう。ということで、ここでは参考までに、オール電化っていいよ!オール電化ってよくないよ!それぞれの見解の中で、比較的よく目にするケースをいくつかご紹介します。

オール電化っていいよ!!


光熱費が大幅に抑えられる

まずは電気に一本化することによって、ガスの基本料金分、安くできます。また、オール電化向けの電力プランを利用し、電気料金の安い夜間や早朝に集中して電気を使用すれば、ガス併用の場合に比べると大幅に光熱費を節約できます。特にプロパンガスからオール電化に変えた場合、その差がはっきりするようです。

空気がクリーン

オール電化は、火を使わず、空気を汚すことがありません。当然、ガス使用のようにこまめに換気をする必要もなくなります。

スポンサーリンク


IHクッキングヒーターの掃除が楽

ガスコンロに比べて、IHクッキングヒーターは、掃除が簡単であることもオール電化の魅力のひとつとなっているようです。ガスコンロに比べ、油の飛び散りや吹きこぼれも少なく、特殊コーティング加工により汚れにくく、万が一汚れた場合も、平たい構造になっているので、ふきんでササッと拭き取るだけと、お手入れが非常にラクです。

災害の際にガスに比べ復旧のスピードが速い

災害時は電気、ガス、水道などのライフラインはすべてストップしますが、電気はガスや水道よりも早く復旧します。

何よりも安全

特に安全面を重視する方々には、オール電化は高い評価を得ているようです。オール電化にした場合、ガスを使用することによって生じる危険性(一酸化中毒や火傷、火災など)を完全にシャットアウトすることができます。

実際、経済面よりも安全面を重視して、オール電化に切り替える家庭も決して少なくありません。特に、ガスで火傷をした、ガスコンロをつけっぱなしにして、やかんや鍋を焦がしてしまった。そういった経験のある家庭は、オール電化に対してかなり前向きな傾向が見受けられます。

オール電化ってよくないよ


電気代が値上げになったらモロに影響が出る

震災などの影響で電力が不足すると、電気代は高くなります。そうなると、当然、オール電化住宅は光熱費が高くなります。

電磁波の健康被害が心配

電磁が体に悪い影響を及ぼすという話はよく聞きますが、IHクッキングヒーターはかなりの電磁波を発します。ただ、IHクッキングヒーターの電磁波は低周波のため、体への害はないという意見もあります。

IHクッキングヒーターは使いにくい

ガステーブルに比べると、火加減がわかりにくかったり、普通の土鍋が使いないため、料理がしにくいという声もあります。

停電したら何もできない

停電した場合は全ての電化製品は利用できなくなります。ただ、災害時はガスや水道も当然ですが、使えません。また、太陽光発電を一緒に導入することで、この問題は解決できます。

オール電化のよさは数字が物語る?


オール電化がいいのか?については、やはり、実際に使ってみて初めて実感できる面も多いでしょう。ただ、オール電化の普及率は毎年増えていて、2012年のオール電化の普及率は10.2%で、これは10軒のうち1軒の家庭が、オール電化を導入していることになる数字です。

また、この調子でオール普及率は、今後も年々上昇し、2020年には20%近くまで普及するものと考えられています。これらの数字は、オール電化のよさを判断する際のある程度の目安になる、といえそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加