オール電化と蓄熱暖房機の相性について

オール電化と蓄熱暖房機は相性が良い?悪い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化と蓄熱暖房機器は、冬場の暖房器具が必要になる時期は、相性が良いといえそうです。逆に冬場以外の時期は、オール電化との相性云々よりも、機器そのものを使う必要がなくなります。

蓄熱暖房機器は、オール電化向けの電気料金プランを利用することによって、暖房費(電気代)を安く抑えることができます。また、蓄熱暖房機器は、その仕組みしくみから地球に優しい暖房器具といえます。では、この蓄熱暖房機器について、さらに詳しく見ていきましょう。

蓄熱暖房機器とは?


蓄熱暖房機器は、蓄熱暖房機器というのが、正確な名称のようですが、一般的に蓄熱暖房器と呼ばれています。蓄熱暖房機という名称も、あまねく広まっているようですが、厳密には蓄熱暖房器が正しいようです。

蓄熱暖房機器は、溜め込んだ熱によって温めた空気を送り出して、部屋全体を温めることができる暖房器具です。蓄熱暖房機器は電気を利用して熱を出し、その熱を蓄熱レンガに溜め込んで、温めた空気を送り込む、といった仕組みになっています。

スポンサーリンク


蓄熱暖房機器のメリット


暖房費の節約が望める

蓄熱暖房器は、 オール電化向けの電気料金プランを利用して、電気料金が大幅に安くなる時間帯に作動させ、溜め込んだ熱を部屋の暖房に使うことができるシステムになっています。電気料金が割高になる昼間は、電気を使用せずに、その熱で部屋を暖めることができます。昼間にエアコンを使用する場合に比べ、暖房費を抑えることが可能になります。

空気を汚さない

蓄熱暖房機器は、火を使わないので空気を汚しません。よって、石油ファンヒーターなどのように、こまめな換気に必要ありません。CO2を発生させませんので、地球温暖化防止にも貢献するといえるでしょう。

心地よい温かさ

蓄熱暖房機器による暖房は実に快適で、ちょうど、ひだまりを思わせるような心地よさを得られるということで、その温かさには一様に使用者から好評です。

蓄熱暖房機器のデメリット


初期費用がかかる

蓄熱暖房器の導入するにあたって、かなりまとまっった資金が必要になります。機種によってバラツキはありますが、本体代金+取り付け工事費で、およそ30万円くらいは必要になります。

重い

機種によっては数百キロするものもあり、床下を補強する必要が出てくる場合もあります。

冬場以外は出番がない

暖房器具ですから、冬場以外は必要なくなります。特に、夏場はエアコンなど、他の冷房機器が必要になります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加