オール電化の寿命について

オール電化の寿命はどれくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化(エコキュートやIHクッキングヒーター)の寿命(耐用年数)については、それぞれの製造メーカーによって、また、それぞれの機種によって、若干のバラツキがあるようですが、およそ10年から15年が一応の目安となっているようです。

ただ、オール電化の主力製品でもあるエコキュートは、発売が2001年と、まだ、発売されてそれほど年数が経っておらず、実際はどのくらい寿命があるものなのか、現時点では正確な数字は把握しきれていないのが実情です。

IHクッキングヒーターの寿命


それぞれのメーカーが公表しているIHクッキングヒーターの寿命(耐用年数)は、およそ10年〜15年となっています。IHクッキングヒーターは、ガスコンロと違って火を全く使わないので、その分、消耗しにくく、寿命(耐久年数を)過ぎても、かなり長い間使える場合も決して少なくないようです。(中には、30年以上使えている。というケースもありました。)

スポンサーリンク


機械ものですから、製品そもののに当たり外れは多少はあるかもしれません。しかし、多くの電化製品がそうであるように、IHクッキングヒーターも、普通の使い方をしている分には、故障する心配はほとんどなく、万が一、故障した場合も、部品の交換が非常に簡単で、かなり長持ちする製品であることだけは、まず間違いないようです。

エコキュートの寿命


それぞれのメーカーが公表しているエコキュートの寿命(耐用年数)、推定で10年〜15年となっています(エコキュートのヒートポンプの部分の寿命が10年で、それ以外の部分は15年以上と推定されています)。

ただ、エコキュートは、発売されてからまだそれほど年数が経っておらず、正確なデーターがとれないというのが、本当のところです。

エコキュートのヒートポンプの冷媒に、CO2の代わりにエアコンに使われているR410Aが使われている機種は、修理がしやすい分、さらに長持ちするようです。しかし、こちらの製品は地球温暖化の観点からいうと、あまり好ましくなく、通常のCO2を冷媒としたものが、はるかに好ましいという意見もあります。

電化製品の寿命(耐用年数)について


これは、どの電化製品にもあてはまることですが、耐用年数というのは、標準的な使用回数、標準的な使い方や標準的なお手入れをしていた場合、どのくらい使い続けられるのか?を算出した数字です。

各メーカーとも、若干、短かめ(余裕を持って?)に設定されているのが実情のようです。耐用年数が過ぎると、即使えなくなる、というわけではなく、耐用年数をはるかに過ぎても問題なく使える場合が非常に多いです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加