オール電化のよくある誤解について

オール電化のよくある誤解とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化に関して間違った思い込みをされている方は、決して少なくありません。特に「オール電化は万能」といったような思い込みは、軌道修正すべきでしょう。

間違った思い込みのまま、オール電化を導入して、「こんなはずでは!!」と、ならないためにも、オール電化についての正しい知識を持ち、正しく使うことによってはじめて、快適なオール電化ライフを満喫できるといえるでしょう。では、これからオール電化によくある誤解についてご紹介します。

オール電化にすると必ず光熱費が安くなる?


これは、オール電化によくある誤解の中でも、ダントツといえるくらいよくあるケースのようです。確かにオール電化にすると、光熱費の大幅な節約が望めます。しかし、必ずしも光熱費が安くなるというわけではありません。使い方によっては、高くなってしまう場合もあり得るのです。

オール電化向けの電気料金プランは、深夜や早朝の時間帯の電気料金は大幅に安くなりますが、逆に日中の電気料金は割高の設定になっています。もし、日中にたくさん電気を使うことになった場合、光熱費が安くなるどころか、逆に高くなってしまうことも起こり得ます。

このようにオール電化の光熱費は、生活スタイルや電気を使用する時間帯によって変動するため、「オール電化は使い方によって光熱費を大幅に安くすることができる」というのが正解です。

スポンサーリンク


オール電化にすると、夜しかお風呂に入れない?


これは、オール電化の光熱費を抑えるために、電気料金が安い夜間の時間帯にエコキュートを稼働させることに起因した誤解であると考えられます。正解はいつでも入れます。エコキュートは、電気料金の安い夜間の時間帯を使ってお湯を作りそれをタンクに溜め込むことができます。もちろん、そのお湯は、いつでも使用可能です。

オール電化にすれば火事の心配がまったくなくなる


確かにガスを併用するのに比べると、火をまったく使わないオール電化にすれば、火事のリスクが大幅に減らせ、限りなくゼロに近づけられることだけは確かです。しかし、まったくゼロにできるわけではありません。

オール電化のIHクッキングヒーターは、安全性を重視して設計されていて、過熱を防止するセンサーなどもついています。しかし、天ぷら油など、急激に温度が上昇した場合、あまりの早さにセンサーが間に合わず、天ぷら油が発火する可能性もまったくないとはいえないようです。

「過熱防止センサーがあるから大丈夫」と、天ぷらを揚げたまま長時間その場を離れるのは、 やはり危険な行為であるといわざるを得ません。もちろん、IHクッキングヒーターを正しく使用されていれば、火災のリスクはほぼゼロといえるレベルまでで下げることができます。

オール電化は停電すれば何もできない?


必ずしもそうとは限りません、例えば、太陽光発電システムを併用することで、日中は問題なく電気を使えます。またオール電化であろうとなかろうと、停電すれば何もできなくなる家庭は、決して少なくないのが現状です。なせなら、ガス併用の場合も、スイッチを稼働させるのに電気が必要になるタイプのものを使っている場合は、停電時に何もできないのはオール電化と同じになるからです。

ただ、災害時や計画停電などを除けば、現状、何の予告もなしに停電し、長時間電気が使えなくなるようなことは、確率的には皆無といえるほど微々たるものです。万が一停電した場合も、電気は復旧のスピードが速いのが長所でもあります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加