オール電化のメリットとデメリットについて

オール電化のメリットとデメリットとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化のメリットとデメリットについては、やはり外せないポイントです。オール電化を導入するかしないかの、その判断の決め手になる重要事項ですからね。ここはしっかりと把握しておくことが大切です。では、これからオール電化のメリットとデメリットについて順番に見ていくことにしましょう。

オール電化のメリット


経済面でのメリット

オール電化により、それまでガス代に必要だった基本料金が不要になり、その分、光熱費を抑えることができます。基本料金は、ガスを使わなくても支払わなければならない料金です。特にこれまでプロパンガス(LPガス)を使用していた場合は、オール電化によって大幅な光熱費の節約が望め、メリットが大きくなります。

また、エコキュートによる給湯は、電気料金が安くなる夜間電力を利用することで、さらに光熱費を抑えることができます。さらに太陽光発電システムを併用すれば、昼間の電気料金も抑えられ、光熱費は節約できます。

安全面でのメリット 

オール電化により、ガスを使うことで想定される様々な危険(ガス漏れによる引火、一酸化中毒、火を使うことによる火事や火傷など)を回避することができます。

スポンサーリンク


その他のメリット

オール電化は火を使わないので、室内に二酸化炭素も発生せず、空気を汚しません。さらに、ガスコンロに比べると、IHクッキングヒーターは、掃除がしやすく、お手入れが断然楽になります。

オール電化のデメリット


導入費用が高い

オール電化を導入するためには、IHクッキングヒーターとエコキュートの機器を購入する費用と工事費が必要になります。これらの導入費用は、導入プランや機器の性能、メーカーによって、かなりバラツキがありますが、基本的なもので、およそ40万円〜70万円くらいの費用が必要です。ただし、ローンなどを利用すると、一度の出費を抑えることができます。

電気料金の値上げの影響を受ける

オール電化は使用する電気代に左右されることになるため、電気代が値上げになると、必然的に、その分、光熱費がかさんでしまうことになります。(太陽光発電システムを併用していれば、電気料金の値上げに左右されません。しかも余った電気は、買い取ってもらえます)

停電時に使えない

あたりまえのことですが、オール電化は、すべて電気で動くシステムですから、停電すると使えなくなります。ある意味、このことがオール電化の最大のデメリット(避けて通れない問題点)といえそうです。(太陽光発電システムを併用していれば、このデメリットは回避されます)

その他のデメリット

このほかには、電磁波に対する健康不安や、IHクッキングヒーターに切り替えた場合のデメリット(使える調理器具が限られる。これまでの鍋やフライパンが使えなくなる。火加減の調節など、慣れるまで調理しづらい)などを挙げることができます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加