オール電化と石油ストーブの関係について

オール電化にしても石油ストーブは使えるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化にして、オール電化向けのお得な電気料金プランを契約した場合、厳密には石油ストーブは使用できない。ということになります。(もちろん、オール電化にしてもオール電化向けの割引プランの適用を受けなければ問題なく使えます。)

なぜ、オール電化割引プランの契約すると石油ストーブが使えないのか?


オール電化向けのお得な電気料金プランの適用を受けるためには、契約の際に住宅内の光熱源が、電気以外の熱源を使用する設備(調理機器、給湯器、冷暖房機器等)が設置されていないことが条件となっているからです。

石油ストーブは、熱源に電気以外の熱源を使用する暖房器具に該当しますので、使用できない。ということになります。同様に石油ファンヒーターも使用できない、ということになります。

ただし、電力会社側もそこまでは徹底できないというのが実情のようです。オール電化向けの割引プランを適用するにあたって、電力会社が係員を派遣し、電気以外の熱源が使われているかどうか、家中をくまなくチェックして回る、ということは事実上不可能だからです。

スポンサーリンク


ガスファンヒーターや灯油ボイラーやガスボイラーなどの暖房器具は使えない


ただし、ガスファンヒーターや灯油ボイラーやガスボイラーなどの暖房器具は使用できません。オール電化向けのお得な割引電気料金プランを適用するにあたって、都市ガスの配管がないこと、LPガスのボンベが設置されていないこと、固定式の灯油タンクが設置されていないことが条件になっているからです。

これらの設備は家の中に入らずとも外部から容易にチェックできますし、それらの設備がないことを確認できれば、上記のガスファンヒーターや灯油ボイラーやガスボイラーを使用されていないと判断できます。

家の中に石油ストーブが設置されていても、実際にそれが使用されているという状況を確認できなければ、使用していると見なすことができません。「災害に備えて置いているだけで使っていません」と言われれば、容認せざるを得ません。

電力会社側も、実際に使っているのかどうか、そこまでいちいちチェックはできませんので、オール電化導入後に石油ストーブを使用するかしないかは、個人の判断に委ねられる。ということになるでしょう。

石油ストーブを使うのは本末転倒?


しかし、石油ストーブを使うと、どうしても火事のリスクが高くなりますので、せっかくオール電化にしたメリットを生かせなくなります。また、火災保険のオール電化割引の保険料金プランでは、石油ストーブの使用はできません。

万が一、火災になった場合、当然、保険金はおりません。発火原因が石油ストーブでなかった場合も、石油ストーブを設置していたということ自体が契約違反になるので、保険はおりないようです。

まさかのときのために、備えておくことは必要?


通常は使わなくても、災害時などの停電対策として、そのような電気を使わずに動かせる暖房器具やカセットコンロなどの調理器具を確保しておくと、何かと安心であることは確かです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加