オール電化の妊婦への影響について

オール電化は妊婦に悪影響?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化が、妊婦さんの身体に悪影響を及ぼすかどうかについては、つきつめれば、電磁波が人体に悪影響を及ぼすか、どうかということになると思います。電磁波は、すべての電化製品から出ています。オール電化であろうとなかろうと、テレビ、パソコン、携帯電話やスマートフォンなどを使用していれば、少なからず、誰でも電磁波を浴びていることになります。

電磁波が、人体に悪影響を及ぼすかどうかについては、現時点では、解明できない部分も多々あるようです。その理由として、今のところ電磁波が明らかに人体に悪影響を及ぼすことを証明できるようなデータが見つからない(数字が出せない)ために、電磁波が人体に悪影響があるとも、ないとも、どちらとも断定できないからと考えられます。

可能性は否定できない?が、因果関係もはっきりと肯定できない?


WHO(世界保健機構)をはじめ、電磁波に関する各研究機関も、「電化製品から発する電磁波が、人体に何らかの悪影響を及ぼす可能性は否定できないが、因果関係もはっきりとは肯定できない」といったような、奥歯に物が挟まったような見解しか出せないのが、現状といったところのようです。ちなみにオール電化の電磁波が原因で、妊婦さんに明らかな健康被害が及んだという報告は、今のところ1件もされていないようです。

スポンサーリンク


胎児は敏感


お腹の中にいる赤ちゃんは、いわば人体の前段階に相当し、細胞分裂が極めて活発に行われているために、電磁波だけでなく、放射線、化学物質などの影響を受けやすい、と推測されていることは確かです。推測の領域を出ないとはいえ、往々にして、人は曖昧な状況(グレーゾーン)ほど、より不安を感じやすくなるものです。

ましてやお腹に大切な命を預かる妊婦さんなら、なおさらのこと。電磁波が胎児に、悪影響を及ぼす可能性が否定できない以上、妊婦さんとしては、「転ばぬ先の杖」として、お腹の中に大切な命のために、やはりなら防御策をとられたほうが、何かと安心できることだけは確かといえるでしょう。

電磁波よりもストレスのほうが悪影響


何と言いましてもストレスを抱えるのが、妊婦さんにとって、何よりの悪影響です。電磁波がお腹の赤ちゃんに影響の有無にかかわらず、電磁波に対して何らかの防御措置をとることによって、安心でき、ストレスを緩和させることができるのなら、されないよりは、されたほうが、好ましいといえることだけは確かです。

ただ、電磁波の妊婦さんへの悪影響について、誇張しすぎたり、いたずらに不安をあおるような情報は、ストレスを増やすことになりかねませんので、くれぐれも気をつけてください。

ストレス軽減のための電磁波対策


ご参考までに、ストレスを緩和するために、電磁波を防御する方法についてお伝えします。

電磁波を長時間浴び続けないこと。

電磁波が強い電化製品の使用は、極力控えるのに越したことはありませんが。使用する場合は、お腹になるべく近づけないように心がけてください。電磁波は距離が長くなれば、威力も弱まります。どうしても心配ならば、IHクッキングヒーターを使用する際に、電磁波防御エプロンを使用されるのも一案です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加