オール電化のお風呂の追い焚き機能について

オール電化のお風呂には追い焚き機能があるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オール電化のお風呂は、追い焚き機能が搭載されています。すなわち、エコキュートで給湯したお風呂のお湯は、冷めてしまったときには、追い焚き機能で、沸かし直しができるということです。

従来の、電気温水器の場合は、 この追い炊き機能がないものがほとんどで、お風呂のお湯が冷めてしまった場合は、熱湯を足して温度調節する必要がありました。

しかし、エコキュートは、その点が改善され、追い焚き機能が搭載されているタイプはかなり豊富です。追い焚き機能により、自動的にあらかじめ設定された温度を保つことができます。

「でも、追い焚きすると、その分、電気代がかさむのでは?」そういった疑問も出てくるかもしれませんね。しかし、エコキュートは、追い焚きのために新たに電気を使うことはありません。

それはなぜか?その疑問にお答えすべく、これからエコキュートの追い焚きの仕組みについて見ていきましょう。

スポンサーリンク


エコキュートの追い焚き機能の仕組み


エコキュートは、貯水タンクにある高温のお湯を使用して追い焚きを行います。貯水タンクの中にあるお湯は、オール電化向けの電気プランにより、電気代が大幅に安くなる深夜の時間帯に沸かしたものだと考えてください。

エコキュートの追い焚きは、浴槽の中にある冷めたお湯を、貯水タンクの中にある高温のお湯を使用する「熱交換器」を使って、温め直し、浴槽に戻します。熱交換器の中は高温なっていて、その交換器と浴槽に循環経路を造り、冷めたお湯を熱交換器を通して、温め直すというわけです。

この熱交換システムを熱くするのには、新たに電気を使う必要はなく、貯水タンクにある高温のお湯を使います。熱交換器と貯水タンクを結ぶ循環経路を作り、その経路を循環させることで、熱交換機の中を高温に保つことができます。

すなわち、追い焚き機能を使うのに電気代は発生しないということになります。また、熱交換器の中の、貯水タンクのお湯と浴槽のお湯の循環経路は、別ルートになっているので、両者が混ざり合う心配はまったくなく、衛生上もまったく問題ありません。

エコキュートの追い焚きのメリット


あらかじめ温度を設定しておけば、温度が下がると自動的に追い焚きしてくれるので、いつでも設定温度でお風呂に入れます。差し湯と違って、浴槽のお湯の量は増えません。また、追い焚き機能は、基本的に水道代も電気代も発生しません。

エコキュートの追い焚きのデメリット


差し湯に比べると、温まるまでに時間がかかり効率があまりよくありません。すぐに温め直したい場合は、蛇口から直接熱湯を注ぐほうが早いです。基本的に水から沸かしたり、極端に低温のお湯を大量に温めることはできません。また、貯湯タンクの湯量が足りないときは、追い焚きができない場合が出てきます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加